千葉の葬儀の風習

千葉といえば、東京に近いこともあって都市化している地域もかなり増えています。

千葉や浦安などの中央部、柏、松戸、我孫子などの北部では、新興住宅地も増えており、千葉に生まれ育った人以外の住人も増えている状況です。

都市化の進む地域では葬儀においても都市化された葬儀となっていますが、千葉で葬儀をする場合、千葉での風習についても知っておく様にしましょう。

葬儀の進め方というのは、故人の希望、遺族の気持ちなどでどの様にしなくてはならないという決まりがある訳ではありません。

しかし、日本の様々な地域にはそれぞれの風習というものがあり、千葉でも昔からのしきたりに従って葬儀が行われている地域もあります。

千葉ではどんな風習があるのかといえば、80歳を越えた故人の場合は長寿を全うしたとして、お祝いを兼ねた葬儀になります。

長寿銭といって、五円玉を入れた紅白の水引のぽち袋に会葬礼状と一緒に配るという風習があります。

長寿銭は長生きした故人にあやかり長生きができる様にという願いが込められています。

また、夜伽といって、通夜の後にお線香の火を絶やさない様に夜通し故人の前で過ごす習慣もあります。

夜伽見舞いといって食べ物を持ち寄り、わいわいと故人の思い出を語りながら過ごします。

その他にも、焼香前にお酒を回し飲みしたり、出棺の際に青竹の下をくぐるなど各地によって様々な風習があります。

千葉では、長寿した故人の葬儀で長寿銭を配ったり、夜伽をするなど、昔からの風習が残っている地域もあります。