千葉の葬儀に参列するマナー

千葉での葬儀に参列することになった場合、マナーはご存知でしょうか?葬儀に行くというのは突然のことがほとんどです。

いざという時に恥ずかしくない様に葬儀に参列するマナーを知っておきましょう。

▼Check!=>お香典に新札入れてない?「葬儀の参列」の基本マナー5つ – BIGLOBEニュース

もしも、危篤の連絡をもらったら、その場合、できれば意識のあるうちに会ってほしいというご家族の思いが込められていると理解しましょう。

可能であればすぐに駆けつけることをおすすめします。

急なことなので、服装のことなどは特に気にせずにいて大丈夫ですが、あまりにも派手な服装で着替えるチャンスがあるのであれば、控えめな服装に変えましょう。

訃報を受けた場合、一般的な参列者は通夜式や告別式に参列することになりますが、親しい間柄であったり、親戚の場合は通夜式の前に伺うこともあります。

その際に可能であれば喪服で伺うこと、お香典は通夜式もしくは告別式の時に持参しましょう。

通夜式とは、夜を通して故人との別れを惜しむためのもので、一般的には親戚、近親者、親しい知人などが参列するものですが、最近では一般の弔問客も都合がつく方に参列するという傾向にあり、通夜式に参列することも多くなっています。

喪服ではなくてもOKですが、派手な服装はNGです。

通夜式、告別式に参列できない場合、代理人に参列してもらう、もしくはお香典を郵送しても大丈夫です。

お悔やみとお詫びの言葉を添えて送ると良いでしょう。

千葉の葬儀の参列のマナーとして、家族からの知らせのタイミング、故人との関係によって、いつ訪問すべきかを判断して、故人とのお別れをしましょう。