千葉の葬儀斎場について

千葉で葬儀をするとなれば、葬儀社に依頼し、葬儀は主に斎場で行われることになります。

昔は自宅で葬儀をするというご家庭が多かったのですが、最近では家では狭い、近所に迷惑が掛かるなどの住宅事情もあって、自宅で葬儀をすることが少なくなっています。

葬儀をする斎場というのは、祭祀や儀式の場として用いる建物などを指し、主に寺院、公営斎場、教会、葬儀セレモニーホールなどを言います。

斎場によって使用できる用途が異なり、霊安室のある斎場であれば、通夜告別式までご遺体を安置することが可能となり、すぐに葬儀ができない場合も安心です。

斎場には遺族用の控え室の有無、また、宿泊ができるかなども異なります。

斎場の種類としては、大きく分けて、公営斎場(各市区町村や事務組合運営)、民営斎場(寺院もしくは民間業者が運営)の2種類になります。

公営斎場は、運営している市町村の自治体の住民であれば使用可能で斎場の使用料を安く抑えることができます。

また火葬場と一緒になっている斎場が増えており、移動の手間がありません。

民営斎場の葬儀社の場合、葬儀を行うのに最適な設備、企画がある、日程の融通が効きやすいなど、菩提寺の場合は安心して頼れる、相談がしやすいなどのメリットがあります。

それぞれにはメリットだけではなくデメリットもあるので注意が必要です。

千葉の葬儀斎場には、公営斎場と民営斎場があり、葬儀をする際には、それぞれどんな葬儀をしたいかメリットはなにかなどを確認して選ぶ様にします。